夏でも涼しいパワースポット
日本一の名瀑那智の滝
・高さ133m
・銚子口の幅13m
・滝壺の深さは約10m

険しい那智の山には沢山の滝があり、中でも第一番がこの滝で「一の滝」と呼ばれています。
平家物語に出てくる「那智のお山の飛龍権現」と云うのは、この滝のことを指します。
那智山中には、いくつかの渓流があり、その渓流には60余に達する多くの滝が架かっていて、「那智滝」とは、本来は、那智山の多くの滝のうち、瀧篭修行の行場として扱われた48の滝(那智四十八滝)の総称でした。
しかし、現在、一般に那智滝として知られている滝はこれらのうち、一の滝を指しています。那智山一帯は、滝に対する自然信仰の聖地であり、一の滝は現在でも飛瀧神社の御神体で、飛瀧神社の境内に設けられた滝見台からその姿を見ることが出来ます。
那智の滝
滝の落口の岩盤に切れ目があり三筋に分かれて流れ落ちるため三筋の滝とも言い、また那智の滝を代表すると言うことから那智の大滝とも呼ばれます。

那智の火祭りは熊野那智大社の例大祭で正式には「扇祭」「扇会式」と呼び、毎年7月14日に執り行われます。
 
那智の火祭りは熊野那智大社に祀られている滝の神が、年に1度滝本の飛瀧神社への里帰りを行うもので、十二体の神々を御滝の姿を表した高さ6メートルの扇神輿十二体に遷し、熊野那智大社から御滝へ渡御をするものです。
  
那智の火祭りと呼ばれる御火行事は那智の滝の参道で行われ、十二体の扇神輿を重さ50kg以上の大松明の火で迎え清める神事です。

7月9日に社殿を清め、那智大滝の注連縄を張り替え、11日に扇神輿12基を組み立てられ、13日は宵宮祭が行われます。

7月14日の例大祭では、午前中に無形文化財の大和舞、田楽舞、田植舞が奉納され、午後からは扇神輿が大社から旧参道を経て滝本の飛瀧神社へ運ばれます。

途中の「伏し拝み」という場所で扇神輿を残して全員が滝本に下がり、御滝前では宮司ら神職が祭壇前に座り、烏帽子をかぶった二臈神職が点灯した2本の松明を持って「伏し拝み」まで「使」が走ります。

扇神輿が滝本へ向かうと、出迎えは12本の大松明に火を付けて石段を登り、扇神輿を大松明で迎え清めます。

この事が「扇祭」が「那智の火祭り」と呼ばれるようになった所以です。

かつては旧暦の6月14日・18日に行われ、 『紀伊続風土記』の記述によると、
6月朔日に全ての社僧が滝本に集まり、さらに十二所権現で神役を務め、14日に12本の大扇を十二神に表し、未の刻に神扇などが滝本宮を巡って田楽を行なう。そして酉の刻に伏拝した後、神扇を立て列ねて献灯し、社僧は十二所権現に集まり、神扇が十二所権現に着くと社僧は大きな松明を持って迎え、田植の儀式や田楽が続く。18日も14日と同様の式がある。
とされています。

十二神を表す大扇


田楽舞、田植舞などを奉納


扇御輿を大松明で迎え清める


滝本へ向かう扇御輿 
  那智の滝へは熊野交通バスで…


熊野那智大社
那智の滝と火祭り
那智山青岸渡寺
熊野古道大門坂
那智山観光センター
アクセス
運航時間(営業所案内)
運航状況
瀞峡案内の詳細
コース案内
インターネット特割クーポン
ミニ体験百夜月コース
瀞峡動画
時刻表、運賃表
運行系統図
運行状況
営業所案内
大門坂と那智山めぐり
熊野三山めぐり
インターネット特割クーポン
観光名所案内
運行状況
営業所案内
地元発着バスツアー案内
営業所案内
貸切バス案内
営業所案内
熊交商事(株)
瀞峡めぐりの里 熊野川
潮岬観光タワー






























会社案内プライバシーポリシーリンクお問い合わせ

メールによるお問い合わせが土日・祝日を挟んだ場合、ご回答までに数日かかる場合がございます。 予めご了承ください。

COPYRIGHT (c)KUMANOKOTSU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.