那智大社と那智の滝


那智山の信仰は、神武天皇東征の折りに、那智の滝を大己貴命(大国主命)の御霊代として祀ったことに始まります。

仁徳天皇の頃、那智山中腹にその社殿を移し祀ったのが今の熊野那智大社の起源で、全国三千有余社の熊野神社の御本社でもあります。

那智大社表参道の長い石段の上は、右に青岸渡寺があり、左は朱の大鳥居と大社の境内が続いています。

熊野那智大社の本殿は熊野造りで屋根には檜皮が使われています。1581年(天正9年)の堀内氏善との戦いで燃えましたが後に再建され、1853年(嘉永6年)に修復されました。国の重要文化財に指定されています。

なお、現在は山の上に社殿がありますが、元来は那智滝に社殿があり滝の神を祀ったものだと考えられます。その社殿を、お瀧からほど近く、しかも見晴しのよい現在の社地にお移ししたのは仁徳天皇五年(三一七年)と伝えられています。この時、大瀧を「別宮飛瀧大神」とし、新しい社殿には「夫須美大神」を中心に、国づくりに御縁の深い十三柱の神々をおまつりしました。

やがて仏教が伝来し、役小角を始祖とする修験道がおこり、古来の神々と仏とを併せてまつる、いわゆる神仏習合の信仰が行なわれるようになりました。

その後、「蟻の熊野詣」といわれる程に全国から沢山の人々が熊野を目指すことになるのですが、中でも、皇室の尊崇厚く、延喜七年(九〇七年)十月、宇多上皇の御幸をはじめとして、後白河法皇は三十四回、後鳥羽上皇は二十九回もご参詣の旅を重ねられ、また花山法皇は千日(三年間)の瀧籠りをなされたと記録されております。

那智大社、大鳥居と拝殿
大鳥居と拝殿

那智大社本殿
那智大社八社殿

宝物殿
宝物殿
熊野三山の他の2社(熊野本宮大社、熊野速玉大社)では、明治の神仏分離令により仏堂が廃されたが、那智では観音堂が残され、やがて青岸渡寺として復興されました。
こんなところも観ていってくださいね
  那智の樟(くす)
この樟は、樹齢800年と推定され、樹高は27m、幹回り約8.5m、枝の張りは南北に25mもあります。県下でも珍しい樟の大木で、根幹部は空洞化していて潜り抜けることも可能です。
一説では熊野三山造営の勅使として参った、平重盛の手植えの樟と伝えられています。

潜り抜ける自信のある方、一度挑戦されては如何ですか?
(個人の責任においてお願いします。)
那智の大樟
  大きな「おみくじ」
那智大社の拝殿前には、「お清めの護摩木」や、大きな「おみくじ」が設置され、皆様の願いを祈念したり、運勢を占うことができます。
大きな大きな「おみくじ」両手で抱えてくじを引いてみてください。
お清めの護摩木は何も書かずに願いを祈念して焚を上げてください。
大きなおみくじは、筒を振って穴より棒を出し、番号を授与所に申し出てください。
  熊野牛王符
熊野牛王符(くまのごおうふ)は熊野三山で配布される特殊な神札で、「熊野牛王神符」、「牛王宝印」、「烏牛王」、「おからすさん」などと呼ばれます。一般的な神札と違って一枚ものの和紙の上に墨と木版で手刷りされ、朱印を押したもので、デザインには多くの烏が用いられます。
また熊野三山の各大社ごとにデザインは異なり、烏文字は烏の配列で文字を表すもので、本宮と新宮では「熊野山宝印」、那智では「那智瀧宝印」と記されます。
熊野牛王符(くまのごおうふ)
熊野牛王符は、かまどの上に祀り火難除けに、門口に祀り、盗難除けとしたり、病人の床に敷き、病気平癒を祈願します。また、牛王符の裏面に起請文を書き、誓約の内容を熊野権現に対して誓ったりもします。

熊野牛王符(牛王宝印、烏牛王)の刷り初めにまつわるものが正月に行われ、1月1日には午前3時に那智の滝の奥の「秘所の水」を若水として汲み、1月2日にその水で烏牛王神璽摺初め式を行います。
  熊野那智大社へは熊野交通バスで…


熊野那智大社
那智の滝と火祭り
那智山青岸渡寺
熊野古道大門坂
那智山観光センター
アクセス
運航時間(営業所案内)
運航状況
瀞峡案内の詳細
コース案内
インターネット特割クーポン
ミニ体験百夜月コース
瀞峡動画
時刻表、運賃表
運行系統図
運行状況
営業所案内
大門坂と那智山めぐり
熊野三山めぐり
インターネット特割クーポン
観光名所案内
運行状況
営業所案内
地元発着バスツアー案内
営業所案内
貸切バス案内
営業所案内
熊交商事(株)
瀞峡めぐりの里 熊野川
潮岬観光タワー



































会社案内プライバシーポリシーリンクお問い合わせ

メールによるお問い合わせが土日・祝日を挟んだ場合、ご回答までに数日かかる場合がございます。 予めご了承ください。

COPYRIGHT (c)KUMANOKOTSU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.