熊野交通 ようこそ 世界遺産 熊野へ

観光名所案内

観光名所マップ 串本 古座・古座川 太地 那智勝浦 本宮 瀞峡・熊野川 新宮 鬼ケ城
部分をクリックすると詳細ページにジャンプします。
本宮 熊野本宮大社が鎮座する地。小栗判官の伝説などで有名な湯の峯温泉、他に川湯温泉・わたらせ温泉などの温泉郷となっています。
画像17
熊野本宮大社
全国に3000以上ある熊野神社の総本山です。熊野速玉 大社・熊野那智大社とあわせて熊野三山と呼ばれています。本宮町はこの社を中心に開けた門前町です。主祭神は家津美御子大神(ケツミミコノオオカミ=スサノオノミコト)で、縁結び・出世開運・病難厄除け・約束成就といった多くの御利益があります。
交通:JR新宮駅から熊野交通 バス土河屋、折立、本宮大社前行きで1時間10分〜30分、本宮大社前下車。
画像18
熊野古道
滝尻王子〜近露王子(12km)、近露王子〜小広王子(6km)、小広王子〜本宮大社(18km)の3つからなる、合計約40kmの熊野参詣道です。
熊野参詣の歴史に触れることのできるいろんなハイキングコースが用意されています。(写 真右下は熊野詣の様子)。
画像3
湯の峯温泉
小栗判官蘇生の地として有名な湯の峯温泉。その昔、瀕死の重傷を負った小栗判官がその湯で息を吹き返したという照手姫との伝説にも登場する“つぼ湯”は、一日に7回湯の色が変わるといわれる神秘の温泉です。
交通:JR新宮駅から熊野交通 バス本宮大社前行きで1時間15分、湯の峯温泉下車。
画像20
川湯温泉
川辺の温泉として有名な川湯温泉は、大塔川の川原約200mにわたって湧き出る温泉です。川原を掘ればすぐに湯が湧き出てきて、あっという間に即席天然露天風呂のできあがり。冬場には1000人は入れるという大きさの「仙人風呂」が楽しめ、夏にはキャンプもできます。
交通:JR新宮駅から熊野交通 バス本宮大社前行きで1時間10分、川湯温泉下車。
画像21
わたらせ温泉
湯の峯温泉と川湯温泉の間に位置する温泉で、消化器疾患などに効くといわれています。川湯温泉同様、ここでも夏にはキャンプを楽しむことができます。
交通:JR新宮駅から熊野交通 バス本宮大社前行きで1時間10分、渡瀬温泉下車。

このページのTOPへ

新宮 南紀の商業・経済・文化の中心として栄えてきた都市。著名な文人を輩出し、徐福伝説でも知られています。熊野速玉 神社が鎮座する地です。
画像22
熊野速玉大社
熊野本宮大社・熊野那智大社とともに熊野三山の一つです。もともと神倉山に祭られていた神様で、現在の平地に移されてからこの地域を新宮と呼ぶようになりました。参道にある神宝館にはなんと1000点以上の国宝や重要文化財が展示されています。
交通:JR新宮駅から熊野交通 バスで4分、権現前下車2分。または徒歩15分。
画像23
徐福公園
秦の始皇帝の命を受け、不老長寿の霊薬を求めてやってきた徐福の墓がある場所です。中国風の楼門がひときわ鮮やかで、境内はクスノキの巨木と天台烏薬に囲まれています。
交通:JR新宮駅から東へ100m。
画像24
お燈まつり
毎年2月6日夜に行われる神倉神社の例祭で、古代以来の熊野山伏の 伝統を持っています。白装束に荒縄を締め、ご神火を移したたいま つを持って、神倉山の山頂から急な石段をかけおりる“男の火まつ り”です。

このページのTOPへ

瀞峡・熊野川 瀞峡観光の玄関・志呼乗船場がある場所です。大小の滝が多数あり、熊野川ではカヌーマラソンなどのイベントも開催されています。
画像25
瀞峡
志古乗船場から熊野交通ウォータージェット船で出発。北山川をさかのぼり瀞八丁まで来ると懸崖が絶景です。紀伊勝浦駅・新宮駅から接続バスが常時運行しています。
交通:JR新宮駅から熊野交通 バス志古行きで35分、志古下車、徒歩1分でウォータージェット船志古乗船場。
画像26
宝龍滝
小口から滝本を経て、渓流の小径を行くと、宝泉岳の山峡にある優美な滝です。

このページのTOPへ

鬼ケ島 その昔、鬼と恐れられた多娥丸という海賊の伝説が残ることからこの名前がつけられたという。
画像27
鬼ヶ城
波の穏やかな日に見る熊野灘からは、想像もつかない荒々しい爪痕が鬼ヶ城。地震によってできたという岩肌は、本当に鬼でも住んでいそうな形相であり見る人を圧倒する。手すりのついた遊歩道があり、約1時間ほどでぐるりとひと回りできます。
交通:JR熊野市駅から熊野交通バス鬼ヶ城行きで6分、鬼ヶ城下車。

このページのTOPへ

 

会社案内プライバシーポリシーリンクお問い合わせCOPYRIGHT (c)KUMANOKOTSU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
メールによるお問い合わせが土日・祝日を挟んだ場合、ご回答までに数日かかる場合がございます。 予めご了承ください。